セルロース誘導体製品サイト

L-HPC®

L-HPC®(低置換度ヒドロキシプロピルセルロース)


PDF 版 (1.8 MB)

アクセス番号が必要です

L-HPC®は低置換度のヒドロキシプロピルセルロースで、極めて少量のヒドロキシプロポキシ基(MS*=0.2~0.4)をグルコース環に導入したものです。一般のヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は MS*=3 で、水溶性およびアルコール可溶性ですが、 L-HPC®は、水に不溶で膨潤する性質があります。
L-HPC®は、1977年に認可され固形製剤の主に崩壊剤として使用され、その後、日本薬局方(1986年)、アメリカのNF(1990年)に収載されました。 薬物と相互作用が少ないため、安定性に優れた製剤設計に有用な医薬品添加剤です。
結合性・崩壊性に優れ、流動性の良好なNBDシリーズは、従来製品と化学的性質は同一ですが、粉体の形状を改良したものです。結合性に優れる崩壊剤として、乾式直打、湿式造粒、口腔内崩壊錠等にお使いいただけます。

MS*: モル置換度

L-HPC® 崩壊剤,結合剤

(日本薬局方 低置換度ヒドロキシプロピルセルロース)

LHシリーズ

品種 粒子形態 特徴 ヒドロキシプロポキシ基(%) 平均粒子径(μm) 90 %積算粒子径(μm) 適応用途
LH-11 長繊維状 キャッピング
抑制効果大
11 55 175 直打、湿式造粒
(キャッピング防止)
LH-21 やや繊維状 標準品 11 45 135 直打、湿式造粒
(代表品種)
LH-22 やや繊維状 高膨潤速度 8 45 135 直打、湿式造粒
(薬物によって崩壊性改善)
LH-B1 非繊維状
(重質)
高膨潤力 11 55 125 流動層造粒、直打高添加
LH-31 微粉 高成形性 11 20 70 押出造粒、レイヤリング
LH-32 微粉 高成形性 8 20 70 押出造粒、レイヤリング

NBDシリーズ

品種 粒子形態 特徴 ヒドロキシプロポキシ基(%) 平均粒子径(μm) 90 %積算粒子径(μm) 適応用途
NBD-022 短繊維状
(均一)
高膨潤速度 8 45 100 口腔内速崩壊錠、
直打
NBD-021 短繊維状
(均一)
標準品 11 45 100 直打、湿式造粒
NBD-020 短繊維状
(均一)
高成形性 14 45 100 湿式造粒

※ 各品種の代表的な値であり、規格値ではありません。

このページの先頭へ