セルロース誘導体製品サイト

HPMCP®

HPMCP®(ヒプロメロースフタル酸エステル)


PDF 版 (2.37 MB)

アクセス番号が必要です

<ヒプロメロースフタル酸エステルの旧局方名:ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート>
HPMCP®(ヒプロメロースフタル酸エステル) は、安定性の高い腸溶性コーティング剤として1971年に販売を開始して以来、その優れた特性を多くの製剤技術者の方々に認めていただき、日本国内では日本薬局方品として、海外ではNF品、EP品として広く使用されています。
本品は、フタリル基の置換度によりpH 5から5.5の範囲で溶解します。溶解pHの異なる2品種、HP-55(置換度タイプ200731)とHP-50(置換度タイプ220824)があります。製剤の特性に合わせてご検討ください。

HPMCP® 腸溶性コーティング剤 (溶剤系コーティング)

(日本薬局方 ヒプロメロースフタル酸エステル)

  品種 置換度タイプ pH 溶解性 表示粘度 (mPa・s)*
HPMCP® 50 220824 ≧5.0 55
55 200731 ≧5.5 40
55S 170

注)* 20 ℃におけるメタノール/ジクロルメタン混液(1:1)の10 %溶液粘度(日本薬局方)。

このページの先頭へ